お米の美味しい炊き方

炊き立てごはん
「炊飯とは、調理です」 ここでは農創が提案する美味しいご飯の炊き方をご紹介します。

材料

お米
おいしい水

つくりかた

  1. 水くぐり - 良い水で軽くかき混ぜて水を捨てる
  2. 米研ぎ - お米をやさしく研ぐ
  3. 吸水 - お米をお水につけておく
  4. 飯切り - 炊き上がってからほぐす

コツ

最初のお水が重要です。

お米をボウルに入れ、「良い水」を注いで、すべてのお米が水に浸かるように軽くかき混ぜて素早く水を捨てます。 お米は水にくぐらせた瞬間から吸水を始めます。その水は炊き上がるまで米粒の中に残るので、良い水を使った方が良いのです。 ​

米研ぎ

研ぐといっても力を入れず、やさしくといでください。 水から上げたお米を、やさしく一定のスピードで20回程度かき回します。 すすぎは軽く2~3回。 研ぎすぎは注意です。(水が白く濁るのはデンプンが溶け出しているだけで旨味が損なわれます。) 炊く前に雑味のない状態にするために、しっかり水切りをしてください。 水切りの時間の目安は約2分です。乾燥しすぎるとお米が割れやすくなります。 ​

吸水

お米は水につけることでデンプンが分解され糖が出てきて、 粘り気のあるふっくらしたごはんに炊き上がります。 時間を掛けて芯まで吸水したお米は、栄養価も増します。 吸水時間の目安は、夏で30分、冬は1~1時間半、春や秋は45分です。 ポイントは水温! 理想は、冷蔵庫に保存してある8~10℃の水を使うこと。 常温の水ではデンプンが溶け出してしまいます。 水を張った内釜にラップをかけて冷蔵庫で吸水させるというのもひとつの方法ですね。 吸水が終わったら、好みの炊き上がりコースを選んで炊飯器にお任せしましょう! ​

飯切り(ほぐし)

炊き上がったら、ふたを開けて余分な水分を飛ばしてください。 これもポイントですよ。飯切りによって蒸らしすぎを防ぎ、味を均一にします。 まず、しゃもじを釜の内側に沿うように差し込んで、釜からごはんをはがします。 そのあと、ごはんを十字に切って、4分の1ずつ釜の底から上へ空気を入れるようにやさしく混ぜてください。

レシピの生い立ち

三百年以上お米を作ってきたお米農家がおすすめする、一番美味しくご飯を食べる方法です。

米みつレシピはこちら!

「こめつぶぱんだ」からのお知らせ