ブログ

脳と農

風邪予防に。菌が生きている甘酒(*’▽’)
体調を崩してから医療費を払うor美味しく予防 美味しい方がよくない?
こめつぶぱんだの食べる甘酒!

 

栗原です。

インフルエンザが流行ってますね。
僕はしばらく風邪をひいていないので、実感がない!
生きた甘酒を取るようになってから調子がいいです。腸内を善玉菌でいっぱいにする!ことは身体に嬉しい効果がたくさんですよ^^

さてさて、今も昔も
「男って、これだから、、、、」
「女って、これだから、、、、」
というような性別の違いで理解しがたい言動ってありますよね(笑)(個体差だから仕方ない部分もあるのかな)

テレビなんかでも、脳科学では男女の脳の構造が違うからだよって説明しているので、違っていて当たり前と考えているひとが増えました。

失恋したときの違いなんかは面白くて、付き合っていた相手との記憶を
「女は上書き保存」「男はデスクトップに新規保存」するらしいですよ(笑)
どういうことかというと、 女性は、終わった恋を消去して、新しい恋へ。男性は、終わった恋の思い出を大切に残しておくそうな。

女性は、失恋してがっつり凹んで、友達に話を聞いてもらって吹っ切れて立ち直る。
男性は、失恋してもそこに向き合わずに、飲んだり仕事したり他のことをしてごまかしてしまうらしい(笑)

昔の恋人と比較したり引きずったり、男ってダサいですね!
でもそんなダサいところを理解しておくと、面白いですよね。脳の男女差って面白い。

脳の男女差といえば、情報処理の違いがあります。

女性は、今していること以外に今夜何を食べようとか旅行の準備で足りないものは何かとかいろいろと同時並行して考えるらしいです。
一方の男性は、今していること以外を考えない(笑)単細胞っすね!

実はこの情報処理の男女差にすっごく似ているのが、野菜作りとお米作りなんですよ!と僕は思います!

野菜作りを主に行う生産者は、人参・きゅうり・トマト・白菜・キャベツ・・・みたいにいくつかの種類を作ったり、同じ作物でも時期をずらして作ります。

種をまく時期も肥料を与える時期も収穫の時期もバラバラなので、こっちの畑では種まき、あっちの畑では収穫ということになるわけなんですね。

女性の情報処理と同じ状態なんですよね!

で、お米作りはというと、一度に大規模に種をまき、苗を育て、田植をし、、、というように一気にひとつの作業をガツンとするんですね。

そう、男性の情報処理と同じ状態!

 

僕も仕事をするうえでたくさんの女性男性にご協力をいただいているので、ひとりひとりの個性や得意不得意を発揮できるように意識しています。

脳科学と農作業も、もっと踏み込んで農創の活動に落とし込んでいきたいと思います!