ブログ

こめつぶぱんだ誕生の話

こめつぶぱんだのラインスタンプ好評です!!覗いてみてね(*’▽’)
https://store.line.me/stickershop/product/6445648/ja

 

栗原です。

「肩こりに効くのはね、他人(ひと)の視線だよ。」

知人から、すんげぇ名言が飛び出して爆笑しました。
ひと様から見られていることを意識すると姿勢も正される、と。
これ、一理ありますよね。
このブログを読んだ方全員の肩が、ぐるんぐるん回るようになりますように!

 

さてさて、こめつぶぱんだは、わたくし栗原が自らデザインしたんですよ。だから、むちゃくちゃ愛着わきまくりだし、気に入ってるんです。

こめつぶぱんだに託した想いは、こんな感じ。
・【食】に親しみと関心をもってもらう、きっかけになればいいな!
・【農業】に親しみと関心をもってもらう、きっかけになればいいな!
・皆さまと僕たち農創の架け橋になってくれればいいな!
・生活の身近な存在になって、皆さまに笑顔になってもらえたらいいな!

 

そもそもなぜキャラクターを作ろうと考えたかというと、「農業の」、「お米の」現状に寂しさを覚えたからなんです。

農業って本当に高齢化がすごくて、農業に携わるひとが減り続けているんですよ。
【食】って、考えるための脳も動くための身体もつくるじゃないですか。だから、そのひとの人生をつくると言っても言い過ぎじゃないと思ってます。
お米を食べる量も昔に比べてすごく減っているそうな。(ホントかは知らん)

日本の【農業】って先進的だし、日本の【食】ってやっぱり美味しいです。
【農業】も【食】も日本の大切な文化だし、伝統でもある。次の世代につなぎたいし、つながなければならないと考えてます。

だから、子どもたちを始め、多くの方々の目に触れて、愛着をもってもらうことが第一歩だと思ったんですねー。(なんか、すげー真面目なところからスタートしてるんです(笑))

 

こめつぶぱんだが誕生する前、最初はお米の粒の形の中に顔を描いたんですよ。
そしたら、気持ち悪いのなんのって、親しみもてるわけねーだろっ!ってなりました(笑)

その後もうーん、ウーンと悩んで考えて、、、

白い粒かー

白かー

白黒、、、

白と黒で親しみがある、、、

(!)

ぱんだじゃーーん!!

 

そのあとは、世の中に存在する人気者キャラクターを研究し、
人間がかわいいと感じる黄金比を研究し、、

誕生したのが、「こめつぶぱんだ」なんですねー!

ちなみに「こめつぶぱんだ」という名前は、スッと降りてきました(笑)
そりゃあもう、スッと降臨してきた感じ。

 

【食】と【農】と皆さまをつなぐ、
身近で愛されるキャラクターに成長してほしいので、商品パッケージに登場する傍ら、ラインスタンプや少々のグッズがあります。

でも、もう少し先になるだろうけれど、自然を相手に食に携わる者として、子どもたちに大切なことを伝えられるような「絵本」を完成させたいな、と思います。考えるだけで、今から楽しみ!!