安心・美味しいの理由

美味しいを、食卓へ。3つの鉄則


●その1
大自然を相手に人間ができることは微々たるものです。
私たち農創は「いきいきとお米が成長するために」できることに徹底して取り組みます。→《農創のお米ができるまで》

●その2
ご注文をいただくまで玄米の状態で低温保存します。
お米は適切な温度湿度で管理しないと、品質が低下します。農創では収穫したその日から、皆さまへお届けするまで適切な管理を行います。

●その3
ご注文を頂いてから、精米します。これは生産者直送のいいところです。
お米は精米すると日々酸化が進み、品質に影響します。
農創では、お客様の手元に届いてから少しでも長く「美味しい」が続くように精米します。

安全検査

農創は、「植物本来の生きるチカラを手助けし、いきいきと育む。」という考え方で生産に取り組みます。
「安心」と「おいしさ」を両立させるために全力でこだわると、大自然を相手に【食】を大量生産することは不可能です。
しかし、毎日口にするものだから「安心」と「おいしさ」には徹底的にこだわって皆さまにお届けしたい。

そこで、土の管理・水の管理などの研究を重ねることで、必要以上に薬剤を使わない超低農薬栽培に取り組んでいます。
残留農薬のないことを調べるために、専門機関へ依頼して安全検査も実施しております。 震災以来、精密な放射能検査も実施しております。
農創は、皆さまが不利益を被らないように、しっかりと情報をお伝えします。

農薬検査をしています

農創では超低農薬栽培に努めておりますが、念には念を。
専門機関へ依頼して農薬検査を行っており、残留農薬は検出されておりません。
 

震災から7年間、放射能検査をおこないました

農創では行政の出荷許可に加え、独自に専門機関へ依頼して精密に検査を行い、安全性を確認いたしました。
農創のお米は安心してお召し上がりいただけます。

農創米の過去7年間の放射能検査結果
測定項目 単位 測定結果(検出下限値5Bq/kg)
放射性ヨウ素 I-131 Bq/kg 検出せず
放射性セシウム Cs-134 Bq/kg 検出せず
Cs-137 Bq/kg 検出せず